FXのトレードスタイルとレバレッジのこと

FXではトレードスタイルというものがあります。長期間、一年間など長い期間、通貨ペアを所有して、金利差益も考える方法や、短期間のトレード、空いている時間だけのデイトレードなどで、売買差益を狙う方法などです。日本で多いトレードスタイルなどをご紹介します。


FXはデイトレードが多い日本

副業でFXを行う場合、デイトレーダーと言われる短期間のトレードが非常に多いそうです。これは空いている時間だけに売買を行なって、仕事をしている時間には一切トレードを行わないもので、寝る前などに少しだけトレードをするという人に多いそうです。価値の変動で自分のお金が動く時間帯は、基本的にマーケットにアクセスしている状態なので、損益にかかわらず、寝る前や時間が取れなくなる前には、トレードをいったん、すべて終了させるそうです。この場合、レバレッジは多少高めになっていることも多いそうです。


長期トレードはレバレッジ設定無が多い

長期トレードの場合、シストレなどでリスクヘッジを行って、金利差益なども狙っていきます。寝ている時間など、自分がマーケットの変化に鈍感になってしまう時間帯が存在することなどの理由で、多くの場合、レバレッジは設定せず、着実な利益を作るという人が多いそうです。