低レバレッジで利益を出せるFXとは

最初に断っておきますが、低レバレッジで大きく利益を出すのはほぼ不可能です。
しかし、小さい利益を継続してあげることは可能です。
むしろ、FXというのは小さい利益をあげて大きな利益にするものであり、欲を出して高レバレッジで取引をすると負債に転じる、というのがよくある失敗談の1つです。
それでは、安定して利益を出すにはどのような方法で取引をすればよいのでしょうか。


スワップポイントを利用したFX

日本なら、スワップポイントを利用してFXで安定した利益を出しやすいです。
2国間の金利差を意味するスワップポイントは、金利が高い国から低い国へその差分が利益として手に入ります。
日本では、2008年に「公定歩合」から「基準割引率および基準貸付利率」へと変わって、それ以来0.1%を維持しています。
これを生かして、金利の高い国である南アフリカなどの通貨を買っておくと、その分の利息が少しずつ利益になるというわけです。


始めから副業と割り切る

収益度外視の副業と始めから割り切ることで、見えてくるものもあります。
1つは、試験的な取引が出来るということ。
もう1つは、チャートを分析したり予測したりする余裕ができるということです。
レバレッジが上がれば上がるほど余裕はなくなるので、試しに取引をしてみるということができなくなります。
そんなときにもし赤字が続いてしまうと、なんとかして取り戻そうとして普段しないような無理をしてしまうことがあります。
それこそがFXにおける最大の過ちであり、もっとも避けなければいけない状態です。